1. トップ
  2. イベント情報
  3. 2016年

古琴演奏会 「月のおもひ」     * 2017.11 *

2017年11月5日(日)、古琴演奏会が下記の要領で催されます。

武井欲生 古琴演奏会 月のおもひ

演奏会 概要

日時
2017年 11月 5日(日)
時間
19:00 ~ 21:00(開場 18:30)
場所
サントリーホール ブルーローズ(小ホール) : 東京都港区赤坂1-13-1
料金
5,000円
購入方法
「チケットぴあ」よりご購入下さい。
詳細
こちらのサイトをご覧ください。

ページ・トップへ

奏者のご紹介

武井欲生 王 明君 菅原 久仁義

ページ・トップへ

演奏曲のご紹介

調絃入弄(ちょうげんにゅうろう)
「東皐琴譜」入門曲で江戸時代の文人が一番弾いていたと思われます。
憶故人(おくこじん)
別名は「山中憶故人」。秋、月のかかる山中の庵に文人が一人佇んでいます。秋風や、枯葉の音に、物悲しさが募り、自然と、音信の絶えた親友のことが思い出されます。
月下流泉(げっかりゅうせん)
古曲「流水」と「碧澗流泉」のオリジナルアレンジ曲。明月が照らす山奥に、湧き水が木々の間を通り、時に石に跳ね返、止まることなく大河に流れ往きます。
宋玉悲秋(そうぎょひしゅう)
戦國の詩人・宋玉が、秋に対する悲哀をうたいあげた「九辯」を描く、目を潤ませながら漢宮を辞す様子を表現している。
龍朔操(りゅうさくそう)(琴と洞簫)
別名を「昭君怨」といいます。異郷こ嫁いだ美姫・王昭君にまつわる物語です。この曲は、日本で平安朝の人々にも広く愛され、漢詩集の『凌雲集』『文華秀麗集』『源氏物語』「絵合」、『宇津保物語』にも記されています。
梅花三弄(ばいかさんろう)
古曲。月の光が照らす渓谷に、梅の花が咲いているのが、遠くから見えます。遠景から近景、そして人々が梅の花に抱いた思いという、三つの流れで表現します。『源氏物語』「末摘花」の巻中で、梅の香が漂う中、末摘花が奏でた琴の曲は、これであったのかもしれません。
杏花天影(きょうかてんえい)(琴と尺八)
姜キ(白石道人)の宋詞から王明君が作曲したものです。
陽関三疂(古琴合奏)
唐・王維の詩「送元二使安西」からできた曲です。詩吟など日本でも広く詠われています。宋時代に作られて古い琴曲です。

ページ・トップへ

琴 豆知識

琴(キン)=七絃琴・古琴 とは、 約3000年の歴史があり、世界で最も古い弦楽器の1つで、現在、世界無形文化遺産として指定されています。
中国から日本に伝来し、平安及び江戸時代に、貴族や文人の間で流行しました。
荻生徂徠や、浦上玉堂などの文人に愛されており「玉堂琴譜」などの文献としても残っています。
また、 「源氏物語」や「宇津保物語」にも屡々登場し、源氏は琴が一番好きだったとの説もあるようです。

ページ・トップへ


お問い合わせ Facebook Twitter ブログ ページの上部へ ページの下部へ