1. トップ
  2. 茶譜
  3. 単叢(炭培単叢)

茶譜-炭培単叢の紹介

プーアール(普洱)茶 |  台湾烏龍 |  鉄観音 |  単叢 |  花茶工芸花茶 |  緑茶

単叢

炭培単叢 お茶の色 炭培単叢 分析表 Photo-Gallery 炭培単叢 イメージ Photo-Gallery End

単叢

炭培単叢 イメージ

炭培単叢

たんばいたんそう

原産

広東省 潮安鳳凰山区

特長

フルーティな香りで人気急上昇中の鳳凰単叢に、焙煎の風味をプラスして、奥深い味わいを引き出しました。

味/香

フルーツのような甘い香りと、ほどよい渋みを、同時にご堪能いただけます。

効能

リラクゼーション効果が抜群のお茶です。気分転換したいときにどうぞ。 体をぽかぽかと温めてくれるほか、血中のコレステロールを下げる効果も。

Tasting-Review

私単叢という種類のお茶は、それこそ鳳凰単叢とか宋種単叢、白葉単叢に嶺頭単叢、群体単叢などなど色々あって、どれもそれぞれに特徴があるのですが、全部覚えても、買う店や年度によって味は変わるので、何となく、単叢というのは「フルーティーで甘い香りで、少し苦味があるのだけれど、その苦味がスッキリとした喉越しを生むお茶」くらいに思っておけば良いと思われます。物の本に、「理性的な味わい」と書かれていて、多分、東方美人などのねっとりとした官能的な味わいに対して書かれた表現だと思われますが、それもまた単叢の味わいを表していると思います。ビールで言えば、単叢は「ドライ」という感じでしょうか。

 というようなことを踏まえて、この「炭焙単叢」ですが、これは美味いです。単叢というのは種類も多ければ、美味いポイントも色々で困った物なのですが、この「炭焙単叢」は、中でも「普通に美味い単叢」と言えるのではないでしょうか。まず、香りが良いです。焙煎に直接立ち会ったAndy氏の指示で、炭火で丁寧に焙煎されているせいか、尖った部分がない、ふんわりとした甘い香りで、いつの間にか口の中に唾がわいてきます。「ああ、飲みてえ」という感じの香りです。

 飲んでみると、単叢特有の苦味や渋味はほとんどなく、ちょっと香ばしいような甘さと柑橘系の果物の果汁からクセを抜いたような味わいが広がったかと思うと、するすると喉の奥に消えていきます。喉越しはスッキリしていて、その一口で喉の渇きがすーっと消えていくような感じです。二煎目、三煎目と煎を重ねると、蜜のような香ばしい甘さから、徐々に樹液のような、果実のような味わいのほのかな甘さに変化していきます。

 味は、煎を重ねるごとに、かなり変わって行くのですが、飲んだ後の印象は、いつも同じ。喉の渇きを潤して、しっとりとした余韻を感じさせながら流れていく、そんなお茶です。水出しにすると、さらに柔らかく、果物のような甘さが際立ちますし、熱いお湯で淹れると、華やかな香りがパーッと立ち上がって、味わいもキリリと引き締まります。

 まったりとする時よりもシャッキリしたい時、ぼんやりする時よりも読書や考え事のお供にする時、そして何より、身体の渇きを止めたい時、クールな喉越しの後、優しく体中に染み渡るような、この「炭焙単叢」がオススメです。あと、意外に洋菓子に合うのでお試しを。

Text by
(納富廉邦)DRINKIN' CHA
Photo by
MEGMU@MAME-EN

白葉単叢の特徴

単叢 特徴 販売価格
饒平白葉 別名「嶺頭単叢」。この地域独特の蜜韵をお楽しみください。 ¥2,160(20g)
鳳凰白葉 鳳凰鎮の海抜300~400mで製茶された蜜蘭香単叢です。 ¥2,700(20g)
大坪白葉 中山地区と呼ばれる地域の蜜蘭香単叢です。
(近年価格が高騰しています。)
¥3,024(20g)
烏東白葉 最高級、烏東山産100%の蜜蘭香単叢です。葉肉が軟らかく繊細です。 ¥4,536(20g)
炭培単叢 茶葉イメージ
鳳凰単叢 20g
商品番号005a
価格¥2,160(税込)
鳳凰単叢 200g
商品番号005b
価格¥17,280(税込)
饒平白葉 20g
商品番号005c
価格¥2,160(税込)
鳳凰白葉 20g
商品番号005d
価格¥2,700(税込)
大坪白葉 20g
商品番号005e
価格¥3,024(税込)
烏東白葉 20g
商品番号005f
価格¥4,536(税込)
<数量限定!>単叢お試し3点セット(饒平・鳳凰白葉・大坪)
商品番号---
価格¥3,024(税込)
<数量限定!>単叢お試し4点セット(饒平・鳳凰白葉・大坪・烏東)
商品番号---
価格¥4,104(税込)
※数量限定商品は、お一人様、おひとつまでの販売とさせて頂きます。

ページ・トップへ

プーアール(普洱)茶 |  台湾烏龍 |  鉄観音 |  単叢 |  花茶工芸花茶 |  緑茶
お問い合わせ Facebook Twitter ブログ ページの上部へ ページの下部へ